いつのまにかまた4匹

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
モモの様子は晴れたり曇ったり
ちょっと調子が良くって喜んでいたのに汗;
土曜日の検査結果も数値が下がって来てるから通院は2週間後と言う事になっていたのにね
日曜日に嘔吐してその晩は食欲無し
そして恐れていた”老犬病”アレ嫌コレ嫌病うーん
コレが出るとお手上げなんだよねえ

食べないと治らないし
また点滴生活モモちん病院嫌いじゃん!!

そう思って暗くなっていたら
今朝からササミのグリルすりつぶしをお召し上がりに
それを機に晩御飯はバッチリおじやを食べました汗;ヤレヤレ
でもドッグフ-ド類は全て拒否
ドロドロ(ペ-スト状)も全て拒否うーん
まあ食べればいいやね・・・の次元に突入かぁ
そんな訳でひとまずホッ
今日のモモちん
0momo1


さてBOY'Sは元気そのもの
最近は二匹で良く遊ぶようになったし
二匹で居る事も多くなった
(まあネオちんがラルあんちゃんに付きまとっているだけ98666
0ral&neo1

スポンサーサイト
2007.10.31 / Top↑
モモちん検査結果
数値が下がっていました
正常までは行ってないけれどうーん
今はコノ位で善しとしましょうか

ご飯も食べられるし
お散歩にも行けるし

元のモモに戻る事はもう不可能かもしれないけれど
いい線まで回復した・・・と見るべきでしょう

年を取るとそうそう欲張れないですから
毎日今までとほぼ同じ生活化できれば
ご飯が”流動食”でも薬を常用する事になっても
気分が悪くなければ上々

うんち
黄疸が出ていると黄色っぽくなるか白いそうですが
だいぶ本来の色に近づいて来たし

体重はなかなかもう戻らないかな?涙
まあ太っているよりリスクが少ないと言う事で・・・
でももう少し体重欲しいね(私のを上げたいくらい)

sanpo10

久々の揃っての散歩
嬉しかったよねにっこり
皆で散歩はもう無理かと思った事もあるんだから
感謝感謝
2007.10.21 / Top↑
モモ二度の点滴入院
点滴通院4回

功をそうしたか今日は食欲モリモリ
くれくれの催促が凄い

でもまた食べ過ぎるともどすよ~

でも食べたいポッモモが本当のモモ

今日の夕飯はかなりしっかり食べたよ
戻さないといいけどね

明日も病院
検査の結果ではしばらく点滴もお休み出来るって
調子が悪くならなければね~
油断は出来ない

モモは橋を渡って居る所
上手にこの橋を渡り切れますように
2007.10.17 / Top↑
破裂破裂の文字が頭を回っているまま
翌日再度病院へ
院長先生に看て貰いに行って来ました
先生いつもながらクール(どんな時も冷静)
先生いわく「胆嚢の破裂の心配は無いでしょう、胆嚢の壁面の
厚さを見ても100%とは言い切れませんが大丈夫でしょう」
との事でひとまずホッ
でも問題は山済みsc07
胃腸の問題
胆嚢の問題

手術をしても開けてみて見なければ分からないし
手術をして完璧に問題が解決される保証も無い
その上高齢と言うリスクを計りにかけたときにリスクの
方が大きいと言わざるえない現実

これが年を取るって言う事なんだよね
分かっている

なので点滴をして脱水症状を改善
吐き気止め・消化酵素・胃腸薬+肝機能改善薬を
飲んで流動食を食べて様子を見るしかない

そしてまた点滴で一日入院
モモ頑張れ~
2007.10.17 / Top↑
モモ病院へ点滴に行った時
ここ何日か気になっていた事を先生に言いました
「オシッコが人参の色なんですが・・・」
抗生物質を飲んでいるので少しは黄色が濃くっても
と思っていましたがオレンジ色
さすがに異常かなと思いました
先生は「では尿検査もしておきます」
と言う事でした

二・三日日に一度で少量なのですが吐くので
脱水していると思い点滴に行ったのですが

迎えに行ってビックリ
オレンジ色のオシッコの正体はな・なんと黄疸
黄疸と言えば肝臓と思うのですが
黄疸が出るのには3種類くらい原因があり
モモの場合は胆嚢の出口が上手く機能してなく
胆汁が体内に出てしまって排出されてオレンジ色の尿に
なっていると言う事でした

胆嚢は十二指腸につながっていて消化機能に関係ある
臓器です
胆汁が上手くでないので胆嚢の中に胆泥(たんでい)が
たまっていて破裂する恐れがあり
あまり猶予が無い・・・との説明に
頭真っ白マジですか破裂すれば命も危険と言う事でした
とにかく明日また来て年齢の事もあるので院長先生と相談
と言う事で頭真っ白のまま家路を・・・sc06

帰って来てもモモは水はがぶ飲みするし
破裂の文字が頭をグルグル

モモ何てこったい
2007.10.17 / Top↑
モモ調子悪いです
回復の兆しが無く足踏みか・・・

もしかすると下り坂にさしかかったのかもしれません
悲しい事ですが老犬と暮らしている以上
覚悟が必要です
いつその時が来ても良い様に
今まで以上に側に居てなるべく望みを多く叶えてあげる事
出来るだけの事をしてあげる事

もちろん回復の望みも捨ててはいません諦めても居ません
でも自然の法則には誰も逆らえない事は
もう十二分に知っています

モモは甘えん坊なので辛くっても
私が居る所
私が見える所に来ます

なので今はカドラーごと一緒に移動中です
撫で撫でして欲しい時もあるようです
お腹が痛いのか撫でるとお腹をみせます
祈るような気持ちで撫で撫でしています

元気で明るく愛くるしかったモモ
ガックリと年を取ったようになり
心細いやら寂しいやら悲しいやら
老犬の介護をする時はいつも同じ気持ちになります

明日は朝一番で点滴に行きます
お水を欲しがるのですが上げると
ガバガバ飲んで吐いてしまいます
脱水症状はお水を飲んでも改善はされません
かえって吐くなどして悪くなります
でもとっても飲みたがるので少しづつ上げているので
渇きは癒えていないでしょうし
脱水症状は気分がとっても悪いそうです
体内の水分のバランスが崩れるし血液もドロドロになります

明日は点滴半日入院でしょう
犬と暮らす以上経験しなければならない道とは言え
やっぱり毎年では参ります

モモもう一度元気になって!!
2007.10.11 / Top↑
モモちん
土曜日にまた吐いてしまいました涙
戻した時に食べていた物はしばらく食べません
高カロリーの栄養食の缶詰
缶詰を食べられないとなると薬を入れられないので不便
しかも何も食べたくない!と言うのでマジですかガーン
食べないと回復しないよ~
でも気分が悪ければ食べたくないよね、夜まで様子を見ようか
病院ばかりでもストレスたまるし

しょうがないの夜は奥の手であんこに薬を入れる事にしました
本当は自分で作ったあんこが一番良いけど(人間のは塩が入っている)
でも急を要するのでトウチャン夜あんぱん買いに行きました
ところがアンパンどこにもなく・・・あんこを買って来ました
まあこの際しょうがないね
あんこを試しに少し見せると「食べる」と言うのでしめた!
あんこにまずは吐き気止めを入れて30分後
薬を三種類(下痢止め、胃薬、抗生物質)あんこに入れて食べて
その後にこんなご飯
momogohann1

鶏肉とキャベツを圧力釜で煮ておいて
鳥のスープにお粥、鳥のすり身、キャベツのすり身
吐くとお水をガバガバ飲むので代わりに鳥のスープを飲ませる様に
しました
退院して来た時はご飯を食べる時に身体がフラフラ揺れてました
が、幸いこの食事の感じでここ二・三日は下痢も吐き気も無し
この調子で食べられればだんだんもとの食事に近づける事も可能
少しホッとしました

今日はこれに少しだけ病院で貰った缶詰を入れて様子見
ご飯の時に「早くおくれ!」と催促していたのでまずまず
缶詰を一番最初に食べていたので良い傾向かな?

あんこと流動食は本当に奥の手だようーん
でも食べられなければ回復しないしね
しょうがないね
私はすぐ焦って沢山食べさせたり先を急ぐ傾向があるので
自分に言い聞かせて少しづつ前に進む様に
少しこのままの状態を継続してみようかね
明日はモモは連れて行かないで薬だけ貰いに病院へ行ってきます

モモちん食べるとすぐにグッスリ眠っている
これも良い傾向かな?
具合が悪いとなかなか横になっていても眠らないからね
(気分が悪いと落ち着かない様子でなかなか寝ない)

良く食べて良く眠る
今はそれしか無いかな・・・体力回復して元気なモモに早く
戻れると良いね

他の二匹は今日はモモがグッスリ寝ていたし小雨も降っていたので
お庭でフリスビー
でも狭すぎて調子が出ないラルフ
まあしないよりいいよね
投げて取るのはラルフ
持ってくるのはネオ(取れないので取ったラルフのを横取り)
そう言う図式になりつつある二匹
oniwa1


仲良く庭で遊んでご機嫌なネオちん
ラルフも横取りされても気にせずめげず一緒に戻ってくる
段々兄弟らしくなって来たかなにっこり
0a.jpg

2007.10.09 / Top↑
今朝午前中にモモを病院へ連れて行きました
今朝は戻していなかったけど元気は無かった
診察して当然点滴
「先生お迎えの時間は?」と私
「今日は預かります具合を見て明日良ければ連絡します」
「エッえぇお預かり??
それって入院マジですか
おいおい今まで”お預かり”なんて聞いてないよ~お涙
大体は午前中に行って夕方お帰りのパタ~ンしか知らない
頭真っ白
で帰りにお使いに行っても上の空
何を買っていいのかも思い浮かばない始末
そ・そんなに重症だったかなあ??

いや待てよ
よく考えてみるとうちの先生
危ない子は預からない
と言う事は取り合えず危なくは無い訳だ(T_T)
あまり状態が長引いて良くなったり悪くなったりを繰り返しているから
様子を見て
一気にここで体力の回復を・・・と言う感じかな
でも病院嫌いのモモ
まさか入院でお泊りさせられるとは思って居なかったに違いない
恨んでいるだろうなあうーん
ますます病院嫌いに拍車がかかるな

取る物も取り合えず
家に帰って・・・落ち込んだsc07
何も手が付かないから洗濯物でもベランダに出そう
(何日かぶりのお日様だ)
ラルフと一緒に二階へボーッと上がって行った
ベランダの窓を開けていると
目の前を茶色い物がなに??
ネオちん??
階段を上がれぬはずのネオ
どうやら一人では嫌だったらしく必死で階段を登って来たらしい
偉いと言うか健気と言うか
日々成長じゃなあネオちん
でもビックリしたあ
いい子ちゃん
階段はフェンスで閉ざされた(危ないからね)
母いわく「そうねこれ以上障害者が増えると大変よ!!」
だそうだ

夕方ネオ君はバイブラックのバロン君とお友達になった
バロン君は9ヶ月ネオよりちょっとお兄さん
二匹ともビビリ君で散歩はおぼつかないらしい
でもお友達できてよかったね

ラルフは全開でフリスビー♪
この男はコレさえしていれば幸せなんだから幸福なものじゃ

夕方病院へ電話をしたら
モモは比較的大丈夫そうでホッと一安心
明日帰って来られそうだ
これで体調が回復に向かうと良いけれどね
2007.10.04 / Top↑
モモちゃん調子悪いです
嘔吐が続いています
下痢は朝一度だけでした
食欲も無くなって来ました

明日は朝一番で病院へ行きます
吐いたり下痢したら点滴しますって言われてますから
13歳微妙なお年頃になったモモ

明日は多分お預かりの半日入院での点滴だと思います
嘔吐が酷いので薬を飲ませるのは無理
なので点滴に薬を入れてもらいます

点滴が何日も続かないといいですが・・・

年齢相応に元気を取り戻してくれるといいのですが。

ぐっすり寝ているので今は気分は悪くないと思います。
ワンコは口が利けないので調子が悪いのが一番堪えます涙

残りの2匹も大人しくモモの側で寝ています。
(ネオはモモが戻す度に追い掛け回すので私に叱られましたが
全然気にしないで続行しておりましたが・・・
心配なのでしょうか?めずらしいのでしょうか?)
今一掴めないお坊ちゃまです

まあラルフも点滴してるアンディ爺さんの隣でオモチャをピープー鳴らしていたので何とも言えませんが・・・
まあだから飼い主も限りなく落ち込まなくて済むのかも知れません
特に私のような飼い主はね汗;
2007.10.04 / Top↑
さてさて3匹になったら問題は散歩
旦那と二人の時は良いが
足が完全でない私が一人でとなると・・・問題も多い

人間も犬も安全でなければならない
また骨折したら笑い話では済まない

一匹づつ・・・も考えたがネオが歩かないと困る
モモが本調子で無いのでネオと一緒で大丈夫かな?
モモは元気が無くってもお散歩に行きたいし
ネオは怖くて歩けなくてもお散歩に行きたい
アンチャンはバリバリなので1匹で連れて行くしかない

多頭飼いは涼しいと有り難い
なんせいつでも出かけられてお散歩銀座タイムに遭遇しなくてすむ
ラルフは特に吠えるわフリスがしたいので
誰も居ない昼時に出かけられるのは嬉しい♪

一番手ラルフあんちゃん
フリス持っていざ出陣
furisu

フリスが終わってお使いにルンルン気分だね
フリスだけじゃね私の投げるディスクじゃ物足りない
otukai

秋だねススキの穂がたくさん
susuki

帰りに「カアチャン近道」(嘘つき・・・前にも騙された)汗;
急な階段を上ると・・・・
kaidan

「ほらね♪公園でしょ♪」
horane


って帰りにもフルスするのかい?汗;まあいいか付き合うよ
「しゃてみじゅでも飲んでカアチャン帰ろうかあ」
って当たり前じゃんカアチャン足痛いんですけど
「帰りはゆっくり帰ってあげるでしゅ」
「ハイハイありがとうござんす」(誰が足の骨折ったんじゃ!)
mizu

お次はお婆とお子チャマコンビ
まあまあのコンビかな
momoneo1

お家の周りをトコトコ・時には立ち止まりながらゆっくりのお散歩
ネオ「婆ちゃん楽しいね♪」
モモ「お前かぶっててわたしゃ写真に写っとらんじゃろがソ猝ヨ

jyama


とまあこんな具合でお散歩無事終了
その後はお決まりの”お昼ねタイム!”
寝る子は可愛い
hirune


モモがもしかすると胃カメラで検査の可能性も涙どっちにしても胃腸炎
慢性の胃潰瘍や胃に腫瘍なんか出来てないといいね

でも今日はいつもの通り
お風呂場のマットの上でお風呂から上がるのを待っていてくれた
いつもの事がいつも通りじゃないと不安になる

来週までに体力回復出来る様に頑張るからねカアチャンが





2007.10.03 / Top↑
モモはやっぱり体調がかんばしくないです
唯一の救いは食欲がありグッスリ眠れている事です

目には見えなくても確実に年齢を重ねて来ているのですから
しょうがないと言えばそれまでですが・・・
何故どこが悪くて・・・と言う明確な答えが無いのが気がかり
年を取ればそれなりに全て機能が衰えてくるのは仕方なく
全てが繋がっているのも確かなので
”ここがこう悪い!”のではなく全体的に不調なのかもしれませんね

我が家の変化はこれ以外にも
”ネオ”変化がありまして

ラルフはベタベタするタイプではなかったのにベタベタ
してみたり
ネオを呼ぶと真っ先に飛んできたり{君は名前を忘れたのかね?」

そしてネオ自身の変化
散歩においていかれると鳴く様になり
お庭でも生き生きと走り
ソファに登れるようになり
心なしか顔つきが優しくなった気がします
只今「アンチャンの金魚のフン」をしております


何にせよ何日かまえは暑く
今度は冬並みに寒く
老犬モモに堪えなければ良いけれど・・・そう思いながら
の毎日
2007.10.01 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。