いつのまにかまた4匹

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
我が家は5匹が長年一緒に暮らして来た

時が経ち・・・一時我が家は”老犬ホーム”になった
そして本当に律儀に年功序列で空へ旅立った
そうは言っても皆同じ年か2つ違い
4年立て続けで愛犬を見送った涙・・・と悲しい話題ではなくて

最後に残ったアリス
身体が弱くて年中下痢をして血便を出して痩せっぽちで小さかった
当然アリスはアンディの後追いをするのだろうと思った
おまけに神経質で
仲良し兄妹のアンディが旅立った時
アリスは慢性腎不全と診断された(仲良しだったからストレスからかもと言われた)
慢性腎不全は治らない

しか~しアイリスは頑張った
病気と言われても最後まで自分で立ち上がり歩き用を足していた
そして一年以上頑張ったのだ

病院でも「腎不全でこんなに長生きするなんてさすがフレアーの一族」と言われた

でも良く考えてみれば
5匹でアリスは下から2番目
そして皆年齢はそんなに変わらない
みな15歳まで生きたからアリスがボスの座に付くまでには
長い長い年月が・・・
アリスがやっと勝ち取った(?)ボスの座
ずい分長く待っていたに違いない
憧れのボスの座についたアリスは
「みすみす手放してなるものか」と思ったか・・・は分からないが
頑として毅然とした態度でモモとラルフの上に君臨していた姿を思うと
そう考えたくなる

そして今ももチン
12キロあった体重が今や6キロあるかないか(心臓が良くないので太っているよりは良い)
にもかかわらず
お茶碗一杯のご飯を食べ
散歩の時は若者に負けじと斜めに廊下を走っていく絵文字名を入力してください

モモは末っ子だったから
ボスになった時は子分がラルだけ
そこにネオもやって来た♪
モモも肝臓が悪くなって一年になるがこの様子だ
(もちろん悲しいがな老犬は油断出来ないのだが・・・)

今は元気でやっぱり毅然と散歩も若者と同じ距離歩いて来る(モチロン坊主達がディスクやボール投げしている時は一人でのんびり散策♪
嬉々として散歩から「たらいまあ」と私の所にやって来る

逞しい・頼もしいにっこり

長くなったが”多頭飼い”のワンコに与えるメンタル面でのプラスだと思っている

ももチンはちゃんと坊主達には一目置かれるえらーい存在なのだ

     bos.jpg


モモ~頑張って長生きしてね~
スポンサーサイト
2008.07.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://bowwowhouse.blog106.fc2.com/tb.php/74-dea85169
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。